カスミッシモについて

カスミッシモについて

ブラス・カスミッシモとは

カスミッシモとは

吹奏楽団ブラス・カスミッシモは「音楽によるエンターテインメントの創造を通して仲間同士のを深め、観客や地域とも感動を共有することで、カスミに関わる多くの人々の心に幸せを呼びこむ。」をモットーに活動しています。
1999年、神奈川県東部の仲間たちで「部活の休憩中、誰からともなく大合奏が始まった時のあのワクワクした気持ちを大勢で味わいたい」という想いの元、設立されました。
その半年後には吉野町市民プラザにて第一回の演奏会を開催。

その後、仲間が仲間を呼び、現在ではおよそ80人で活動をしています。
年齢層は20~30代の団員が多く、結婚してパパ・ママになった団員も遊びに来たりと、毎回賑やかな活動になっています。

活動内容

ブラス・カスミッシモでは主に横浜南部を中心に、年間およそ14回の演奏会活動を行っています。
そして毎年9月には自主公演である定期公演を開催。8月には千葉県岩井海岸にて強化合宿を行い、親睦を深めるとともに定期公演に向けての士気を高めています。
また、各施設のご依頼に合わせてアンサンブルでの演奏も行っています。

今後の演奏会情報や過去の演奏会情報は当ホームページにて確認できます。
演奏会情報
いままでの演奏会

年間活動(2016年実績)
1月
2月 神奈川県職場・一般吹奏楽連盟 吹奏楽フェスティバルに参加
こうなんまち・混にて演奏
3月 センターまつり(富岡並木地区センター)にて演奏
4月 日本丸 吹奏楽演奏会にて演奏
プララ杉田創業祭にて演奏
5月
6月
7月
8月 岩井海岸にて合宿
杉田まつりにて演奏
9月 定期公演
上大岡にてBBQ打ち上げ
10月 上大岡まつりにて演奏
森のミニコンサートにて演奏
愛ひかりフェスタにて演奏
帆船日本丸吹奏楽演奏会にて演奏
11月
12月 東永谷地区センター クリスマスコンサート
光のぷろむなぁどにて演奏
どんぐりハウスのクリスマス会にて演奏

カスミッシモの演奏はお客様を巻き込んだ演出や、華やかなスタンドプレイが特徴です。 毎回団内の担当者が頭を抱えながら構成を考えています。

定期公演

毎年9月に行われる定期公演では、パンフレット、ロビー、ホームページ、演奏が一体となった構成になっています。
ときにはお客様にも参加頂き、会場一体となって楽しめる演奏会を目指しています。

第9回の定期公演までは磯子公会堂で開催しており、ついに600名の満席を達成!
現在は鎌倉芸術館、神奈川県立音楽堂、横須賀市文化会館で定期公演を開催しています。

定期公演

練習

練習は土日に約月6回のペースで主に富岡並木地区センター、フォーラム南太田、東永谷地区センターで行っています。
18時から21時までが活動時間となり主に合奏が中心ですが、個人・パート練習の日も設けています。
定期公演が近くなると(8月が目安です)毎週土日の練習となり、磯子公会堂や栄公会堂等のホールでも行うようになります。

キャラクター

練習後のファミレス(ジョナサン)での雑談から生まれてしまったカスミッシモ公式キャラクター。
カスミッシモグッズやホームページ等、様々なところに出没しています。

ぴぅ

ぴぅ
リズム感のなさから生まれた妖精
血液型 O型
趣味 とくになし
身長 テヌート1個分くらい
体重 リズムのズレ具合によって異なる
悩み ボーリングの球に間違えられる

もっそ

もっそ
音程の悪さから生まれた妖精
血液型 A型
趣味 関西弁
身長 音程のズレ具合によって異なる
体重 8分音符11個分
悩み 髪型が決まらない

SNS

Twitter

ホームページの更新情報や演奏会案内などを行っています。リプライ等いただけると中の人がとっても喜びます。
 @BrassKasmissimo

Facebook

ホームページやTwitterとは違った視点で情報を発信していきます。是非フォローを!
Facebookページ

その他の活動

カメラ部の活動

練習以外にも自主的な集まり(遊び)ですが、色々な活動をしています。

カメラ部
ミラーレスや一眼レフカメラを持っている団員が集まり、観光地等で写真を撮り、その腕前を上げています。

ボルダリング部
横浜にあるジム「B-pump」で3時間ほど活動しています。翌日2日は筋肉痛に苛まれるので要注意。

スノボッシモ
2月くらいに自然発生。新潟に日帰りでスノボやスキーを楽しんいます。新幹線のチケットを取るのが上手い人がいるので手配もスムーズ。

ダーツ部
上大岡近辺のダーツバーで不定期活動しています。マイダーツでの参加者もいるようです。

料理部
女子力向上の為に発足。女子力を上げきったのか活動は1度きり。

〇〇ッシモ
共通点のあるメンバーが集まることを意味しています(例:1995年生まれの「95年ッシモ」、30歳を迎えた「三十路ッシモ」)。